2020年07月03日

『三密』を避ける為、自転車通勤する人達が増えています。

12_bread200115w500x500.jpgcariroom提供 http://cari.jp
tenten作 http://cari.jp/?k=tenten

自転車にもある、交通ルール
自転車保険の義務化の動き?!


新型コロナウイルスの
感染リスクを避ける方法として

自転車通勤する人達が

日本で、世界で増えています。

そこで自転車の交通ルールや
自転車保険について
ざっくりまとめてみました。



□ 自転車の交通ルール

道路交通法上
自転車は軽車両
原則車道、歩道は例外

車道では左側通行
歩道では歩行者優先
車道寄りの部分を徐行して通行

飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
交差点での信号・一時停止・安全を確認

幼児用座席
幼児・児童には乗車用ヘルメットを
かぶせましょう。



□ 自転車保険

被害者にも、加害者にもなり得る
自転車運転・・・・
保険のタイプも色々です。

基本的には
自転車事故に特化した損害保険
個人賠償責任補償が特約で付く傷害保険



□ 自転車保険の加入の義務化

自転車保険の加入は任意ですが
加入義務化の自治体が増えています。
2015年、兵庫県が全国で初めて義務化しました。

また、多くの自転車保険が販売されています。
損害保険会社でも販売されています。

自転車保険は割とお安めの保険で
年間数千円。つまり月々数百円程度です。
ですので、自転車の事故に備えた
自転車保険加入をオススメします。



□ 自転車保険 オススメ

全日本交通安全協会 自転車保険制度

サイクル安心保険 (プランA)
保険料       1230円(年間)
対象年齢     加入制限なし
損害賠償保障  一億円
インターネットでの加入が可能です。

その他
※ プランB  2650円(年間)
※ プランC  4380円(年間)



□ 自転車保険 まとめ


「自転車運転者講習制度」

が、2015年施行されました。

14歳以上の運転者に対し
3年以内に2回以上
自転車による危険行為(15類型)で
摘発された場合
講習が義務付けられています。



□■ 警視庁 交通総務課  【参照】■□

危険行為(15類型)

信号無視
通行禁止違反
歩行者用道路における
車両の義務違反(徐行違反)

通行区分違反
路側帯通行時の歩行者の通行妨害
遮断踏切立入り
交差点安全進行義務違反等

交差点優先車妨害等
環状交差点安全進行義務違反等
指定場所一時不停止等
歩道通行時の通行方法違反

制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
酒酔い運転
安全運転義務違反
妨害運転

--

written by tenten
元記事 http://macaronchan.livedoor.blog/archives/25364450.html

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
社長紹介 http://cari.jp/pr/
空室一覧 http://cari.jp/room/

旅 http://cari.jp/?k=%E6%97%85
食 http://cari.jp/?k=%E9%A3%9F

検索ranking http://hp1.boy.jp/counter/
社長twitter http://twitter.com/k110408/

記事ブログ
http://cari.blog.enjoy.jp/
http://cariroom.ti-da.net/
http://kblog.mediacat-blog.jp/
http://blog.crooz.jp/carirooms/
http://red.ap.teacup.com/k0905/

「記事+ツイート」ブログ
http://k070802.seesaa.net/
http://k0905.blog.ss-blog.jp/

求人 http://cari.jp/?k=%E6%B1%82%E4%BA%BA
転職 http://cari.jp/?k=%E8%BB%A2%E8%81%B7
通販 http://cari.jp/?k=%E9%80%9A%E8%B2%A9
買取 http://cari.jp/?k=%E8%B2%B7%E5%8F%96
比較 http://cari.jp/?k=%E6%AF%94%E8%BC%83
美容 http://cari.jp/?k=%E7%BE%8E%E5%AE%B9
英語 http://cari.jp/?k=%E8%8B%B1%E8%AA%9E
健康 http://cari.jp/?k=%E5%81%A5%E5%BA%B7
posted by かりるーむ cari.jp at 12:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: